Staff Blog

ブログ

睡眠💤💤

スタッフブログ

こんにちは!

今度は二上がお送りします‼️

今回は体内時計から、睡眠についてお話しようと思います!

人の体内時計は脳の視交叉上核(しこうさじょうかく)という所にあるのです。難しいですね(O_O)

この時計によって、体の臓器がほぼ24時間周期のリズムで動いているのです!

これは概日リズムといわれています。

例えば、私たちは基本的に

朝になると自然に目が覚め、

決まった時間にお腹が空き、

夜になると眠くなる……,

他にも、血圧や体温が高くなる時間や

ぜんそく発作が出やすい時間なども決まっているのです!

この概日リズムに深く関係しているのが、

メラトニンというホルモンなのです☝️

このメラトニンは睡眠ホルモンとも言われているのです‼️

なんとこのメラトニンは、24時間体内で分泌され続けているというのです∑(゚Д゚)

日中は分泌量が少なく、

夜になると分泌量が多くなる。

多く分泌されると、血圧・脈、深部体温を低下させる働きがあります!

これにより睡眠に向かっていくと言われています!

ということは、メラトニンの分泌が多くなれば、眠くなるということなのです☝️‼️

ちなみに幼児期が一番多く分泌され、歳をとるにつれ分泌量が減っていくのだそうです……

これを聞くと、歳を取るごとに睡眠時間が短くなっていくのもわかりますね……。

そのため、メラトニンがうまく分泌されないと、睡眠に悪影響を及ぼすのです_| ̄|○

分泌量が少なくなる原因として、有名なのはブルーライトがあげられます!

この光はパソコンやスマホの画面に多く含まれており、

ヒトが見ることのできる光の中で最も強い光です!

ブルーライトの波長は380〜500nmと言われていて、

紫外線の波長は400nm以下。

紫外線に最も近い強いエネルギーを持っているのがこのブルーライトなのです!

紫外線対策をやってる方は多いと思いますが、

ブルーライト対策をやってる方は少ないのではないですか?

就寝前にスマホやパソコンを使うと、本来出るべきメラトニンが出にくくなるのです!

その理由は、ブルーライトを脳が日中の光と勘違いするからの様です。

紫外線に近い強いエネルギーの光なので、当然と言えば当然ですね。

メラトニンの分泌量が減ったことにより、

寝付きの悪さ、睡眠の質の低下の原因になってしまいます。

まずは、就寝前になるべくブルーライトを見ないようにしましょうね!

それだけでも睡眠の質が変わってきますよ。

他にもブルーライト対策グッズもたくさんあるみたいなので、

それも併用して頂けるとなお、良いかと!

今日も見て頂いてありがとうございます!

以下お知らせです。

お知らせ①

9月から

土曜日の診療時間が変わります!

am 9:00〜12:00

pm 14:00〜17:00

となりますので、

お間違えのないようにして下さい。

お知らせ②

21日、22日の祝日は診療をしています!!

am 9:00〜12:00

pm 14:00〜17:00

の時間で診療をしています。夏の疲れをとりましょう!

八幡小通り整骨院 予約不要 

ギックリ腰 寝違え 捻挫

平日診療時間

am 9:00〜12:00

pm 15:00〜20:00

土曜日

am 9:00〜12:00

pm 14:00〜17:00

日、祝 休診

TEL 047-322-5137

八幡小通り整骨院 

スタッフブログ一覧へ戻る